読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「日本辺境論」 新潮新書 内田樹

 

概要

丸山真男は日本人を「きょろきょろとして新しいものを外なる世界に求める」と表現した。これは本当の文化は他のところで作られていて自分たちはどこか劣っているという意識に取りつかれているからであり、これこそが辺境人としての日本人の性格であると筆者は語る。では何が辺境人としての日本人を作り出すのか、そしてこのような辺境性は日本人の何に影響を与えているのか。この本では武士道や機の思想、日本語の特色に焦点を与え解説している。

 

要約、その他雑記

 

我々は辺境人でありそれは国家、個人レベルで染みついていると筆者は語る。

 

漢や隋、唐時代においては華夷思想(中国こそが世界の中心であり周辺国は自らより劣ったものであるという思想)が確立され、それに基づき冊封体制が作られた。そこでは日本はもちろん、朝鮮、モンゴル、東南アジアなどの周辺地域は朝貢国とみなされ、中華皇帝に対して臣下の礼をとることで官位を与えられた。

 このような辺境人としての日本人は文化は他のところから生み出され、自分たちはどこか劣っているという意識を持つ、そして、常にきょろきょろし新しいものを探し、何かを語る時は常に他国との比較という形をとる。つまり、外部に正しさを保証する存在がいると考えるのである。

 

筆者はオバマ大統領就任を受けての総理大臣のコメントを例にとりこの問題を具体的に論じている。

 

オバマ大統領の就任演説の感想を求められた際、内閣総理大臣は「世界一位と二位の経済大国が協力していくことが必要だ」というコメントを出したが、筆者はこれこそが辺境人の日本人的発想であるとする。

日本が世界においてどのような国であるか語る時、総理大臣は経済ランキングを引き出し、他国との比較をしていた。つまり、他国との比較を通してしか自らの国家像を描けないと筆者は主張する。

#筆者はこのような日本人の辺境性を批判するつもりは無く、寧ろこの辺境性をとことん突き詰めていくべきと語っているのだが、国際関係、日米同盟などにおいて他国のビジョンを参照し自国のビジョンを決定することに筆者が批判的であることは拭えない。

果たして、国際関係においてこのよう他国の比較を通して自らの国家戦略を語ることは辺境人独特のものであり、また批判されるべきことであるのか。

国際社会は複数の国、地域が作りだすものであり、そこでは自国の国益を守るために世界の潮流を読み取り、その状況に合わせた国家、同盟関係を構築することが不可欠である。

このような世界では他国の戦略を知り、いわば後出しじゃんけんのように自国の国家戦略を変えることはしばしば起こることであり、これは何も日本のような辺境性を持った国だけではなく、米、露、中などの大国、中心国においても当てはまるだろう。#

 

ところで、このように辺境にいる私達が発展していくためには一粒も無駄にすることなく外来の制度、文化を受け入れる必要があり、その際、最大限の開放性を持つことが望ましい。

実はこの学問への開放性は日本の武士道精神によって生み出されると筆者は語る。

というのも、新渡戸稲造によると努力と報酬の間に相関があると予見されることは武士道に反し(師弟関係にある修行において、何のためか分からないけど何か意味があるだろうと無理やり思い込み、あえて意味を問わないなどといったことはこの精神の影響とも言えるだろう)、さらには師弟関係において弟子は自らの師が適切かどうかは問わない。

師は何か意味があるからこの修行をさせているわけであり、私はなぜ、そして何を学ぶかを理解できていない、だからこそ私は学ぶべきであると日本人は考え、これが知的開放性につながるのである。

 

しかしながら、全てのものを受け入れれば良いというわけではなく、受け入れることによって我々の社会を損失するものもある。では、我々がどのように受け入れるどうかの判断をしていかというと、これを学ぶことが生きる上で死活的に需要な役割を果たすだろうと先駆的に確信していると言う。

つまり、意味や有用性はよく分からないけどそれが人生において必要であると本能的に確信しているのである。

筆者は、これをレヴィ=ストロースが「悲しき熱帯」で挙げたブリコルールを例に述べている。ブリコルールとはありあわせのもので生活する野生の人々であり、手持ちの手段で生活をやりくりする。彼らが野生生活で何かを集めるときはその際にこれは何か役に立つと本能的に確信しているからである。この能力は資源の乏しい環境の人々にしか身に付けられないものである。辺境としての日本はこのような本能を身に付けることで知への開放性を生み出したのだ。